• 診療時間
  • WEB予約
  • お問い合わせ
  • 診療・乳幼児健診・予防接種・病児保育/0561-53-9666
  • 各種健診/0561-53-9668
  • 在宅医療/0561-53-9670

ブログ

  • 診療時間
  • WEB予約
  • お問い合わせ
  • 診療・乳幼児健診・予防接種・病児保育/0561-53-9666
  • 各種健診/0561-53-9668
  • 在宅医療/0561-53-9670

今までのマンモグラフィとの違い

2018年3月5日
  • 被爆線量が低減されました。
  • 北米で取り入れられている乳腺濃度(乳腺密度)を測定できます。
  • マイクロドーズの丸みを帯びた温かい乳房支持台で患者様のストレスを軽減します。
  • 撮影した画像を目視確認だけでなく、数値で確認できます。
    (当院では数値が高値の場合はエコー検査を併用することを推奨しています。)

乳腺濃度とは

乳房の内部は、主に脂肪と乳腺組織からできていて乳腺組織の割合を「乳腺濃度」といい、乳腺組織が多く存在している状態を「高濃度乳房」といいます。
一般的に乳腺濃度は若年者ほど高いといわれ、濃度が高いと乳房は画像上で白く写り、ガンを見つけにくくします。

  • 脂肪性
  • 乳腺散在
  • 不均一高濃度
  • 高濃度